April 18, 2018

December 8, 2017

Please reload

最新記事

視覚トリックの有効活用2

April 11, 2018

1/7
Please reload

特集記事

主役は誰?

April 18, 2018

私達の生活スタイルはこの20年で大きく変化してきました。

 

高度経済成長真っ盛りの昭和の時代、平均的な家庭のリビング・ダイニング。

 

そこの中心に鎮座している「ぬし」はテレビだったではないですか?

 


リビングの主役は誰?というほどに・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがにこの形状のものではなかったですが

 

祖母の家に行くと「家具調テレビ」なるものがあったのを思い出します。

 

 

インターネットが普及しはじめてからはTVの座はPCに取って代わられつつありますが

 

やはりモニター画面を眺めながらの生活は続いています。

 

 

家で主役の座にいるのは「あなた」か「モノ」か?

 

自分軸で時間を主体的に使っているのか?

 

もしくは受動的に使っているのか?



人生の1/xの時間

 

意識せずとも、一瞬の時間の積み重ねで人生は出来上がっていきます。

 

自分をとりまく環境。

 

どんな時間を過ごしているか。

 

しなければならない雑用、掃除に洗濯など家事全般、さらに仕事もこなしながらの日々、

 

知らず知らずに溜まっていくいらないモノ、

 

「後で整理しよう」「今はちょっと手が離せない」

 

などついつい後回しにしてしまいがちになりますよね。

 

ふと気がつくと、いっぱいの書類の山なんてことはないですか?

 

 

 

モノと同じで頭の中も同じような事が起こっていて、

 

気がつくとモノゴトに振り回されている自分に気がつきます。

 

そんな忙しい日常の中、あえて少しだけ立ち止まり、ゆっくりと深呼吸をし、この今の瞬間に意識を

 

傾けてみる。自分軸を取り戻し周りを見回してみる。

 

頭の中がスッキリと整理されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空間は意識やこころの映し出し。

 

 

主役はモノやコトではなくあくまでも自分自身です。

 

 

こころを介して暮らしや環境の本質を見つめていく、

 

また逆も真なり。

 

 

そういったプロセスの中で気づくこと。

 

 

 

「作ると同時に、気づくということの中にもデザインの本意がある」

 

 

と日本を代表するグラフィックデザイナーの原研哉さんも言われています

 

 

 

「モノ」ではなく「自分が主役」になる空間、

 

「コト」ではなく「自分が主役」の時間のデザインを心がけたいですね。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア